光明第五保育園の地図

資料書式 プリントアウト

社会福祉法人多摩養育園

おたより

■ 2019/02/14

二の午を行いました。

今日は二の午がありました。

古くは農業の豊作祈願が始まりで、農作業初めの旧暦2月に行われていました。

五穀豊穣の神様である稲荷大神様の使いが狐だったことから狐の好物とされる油揚げを使用して酢飯を詰めたいなり寿司を奉納します。



保育園では雲龍寺の住職により五穀豊穣を祈りご祈祷して頂き、二の午の話を聞きました。

お供えする稲荷寿司を給食で食べ親しみました。

子ども達は稲荷寿司を頬張り「美味しい!」と笑顔がこぼれていました。

■ 2019/02/09

ひかりの子どものさくひんてん

今日は、作品展でした。子ども達の成長を一人ひとり感じながら見ていました。子どもの作品を探す顔は、とても笑顔が溢れていました。
保育の5領域「健康」「環境」「人間関係」「表現」「言葉」を一年間の経験や成長を普段では気付けない部分を発見できる機会となりました。

「食育コーナー」
手作り味噌を使った五平餅を美味しく食べました。


「表現コーナー」
自由画をお母さんに「当ててみてね」「どれかな?」と親子で会話を楽しみながら回っていました。


今年の製作をお母さんと見て振り返り、会話が弾んでいました。


「健康コーナー」
「手形はどれかな?」とお子さんの手のひらを見比べていました。


産まれた時のお人形を抱っこして体験してみたよ。「赤ちゃんおもーい」と言いながら抱っこしていました。


今年一年で身長・体重が、どれだけ増えたかな?探してみよう!


「手洗い指導コーナー」
手をしっかりと洗うことの大切さを知りました。まだまだ、風邪が流行る時期です。しっかりと手洗い・うがいをして元気で過ごしましょう。


「人間関係コーナー」
「いつも誰と遊んでいるの?」とお母さんに聞かれると「○○ちゃん!」と友だちの顔を取って笑顔で教えていました。

今年一年を通して子ども達の様々な成長を発見できました。

■ 2019/02/04

鬼は外~!福は内~!

                 2月3日は節分。
園では玄関に、魔除けとして使われる柊の小枝と焼いた鰯の頭「柊鰯」を飾りました。
鬼は鰯の匂いを嫌うことを伝えると、「良い匂い」と感じる子、「臭い」と感じる子それぞれでした。また1年元気に過ごせますように…
           

             乳児組は午前中に豆まきを行いました。
                  ~純・輝組~
      鬼退治の練習をしたり、「鬼はどこ?」と園内を鬼探ししました。
    
                
               いよいよ鬼の登場!
友だちが鬼に連れて行かれそうになると「ダメ」と豆を投げたり、鬼の金棒を持って退治しに行く姿が見られました。
        
                   ~心組~
鬼のお面と三方を持って、鬼がいつくるのかとそわそわ待っていました。
鬼の登場!子ども達は立ち上がり、鬼に向って豆まき開始!
     「鬼は外」と側まで行って退治するたくましい姿も見られました。

                 ~給食~
「福を呼び込む」恵方巻、「魔(ま)滅(め)」として邪気を払う豆を食べました。
         
        道組と和組は恵方巻作りに挑戦!「おいしいー!」


                午後~節分会~




道組は雲龍寺で祈祷、終了後に和組・愛組も合流をしました。
更に卒園生、学童、地域の方々も参加して下さり、賑やかな豆まきとなりました。
      「ドンドンドン」太鼓の音と共に…いざ!みんなで「鬼は外!」


     今年もみんなに楽しい事、嬉しい事がたくさんありますように!

■ 2019/01/07

精進料理・七草

10月より月に一度精進料理を提供しています。今日は1月7日。人日の節句(五節句の一つで、その年の一番最初の節句)ということもあり、七草粥を含めた精進料理をみんなで食べました。「春の七草」の実物を子供たちに見せると「これは大根だよね?これはかぶ?」という子、「この草食べられるの?」と不思議そうに触っている子もいました。初春に摘める7種類の野草の入った粥を食べ、1年間の無病息災を願います。お正月で疲れた胃腸をいたわる効果があるということも伝えています。毎月の精進料理でも、天地の恵みと命に感謝しながら食べることを伝えていきたいと思います。



 

■ 2019/01/04

新年の集い

あけましておめでとうございます。
今日は新年の集いを行いました。



十二支のパネルシアターを見ました。

そのあとはだるまの裏にみんなで一緒に考えた今年の願い事を園長と道組の代表の子が一緒に書きました。


だるまの目入れもしました。


そのあとは地域の方と小学生のお兄さん、お姉さんと一緒にお正月遊びをして楽しい時間を過ごしました。





■ 2018/12/21

冬至

明日は、冬至です。

冬至は、一年間の中で、最も昼間が短く、夜が長い日です。

冬至の日には、風邪予防のためにカボチャを食べたり、無病息災を願ってゆず湯に入る習慣があります。

今日保育園では、2~5歳児は園庭で、0~1歳児はテラスでゆず足湯に入りました。










ゆずの匂いをかいで楽しんだり、友だちや地域の方々とお話しをしながら入り、温まりました。

また、給食ではカボチャのそぼろ煮が出て、風邪を引かないようにと願いながら、美味しく頂きました。


■ 2018/12/15

もちつきをしました

昨日も北風が吹く寒い一日でした。
子ども達は寒さに負けず元気にお餅つきを楽しみました

地域の方にもお手伝いをして頂き、にぎやかになりました。


職員による出し物も見て、大喜びでした。道組のお友だちは鏡餅作りをしました。
良い年がむかえられますように


■ 2018/12/08

ひかりの子どものゆうぎかい


純組・輝組は可愛いどんぐりさんに変身!


心組はいろいろな動物の衣装をつけて、劇遊びを楽しんでいました。



愛・和・道組は2グループに分かれて劇を発表しました。ちょっぴり緊張していたり、恥ずかしそうにしている姿も可愛らしかったです。

道組の合奏は年長らしくダイナミックな演奏でした。

■ 2018/12/07

針供養・成道会を行いました

 第二保育園と第六保育園のお友だちと一緒に幼児クラスは針供養と成道会に参加しました。
針供養は、代表のお友だちがお豆腐煮針を刺し供養してくれました。本堂では成道会の法要に参加しました。合掌もしっかりおこないました。
 道組は、坐禅にも参加しました。姿勢を正し集中していました。最後には成道会のパネルシアターを観て成道会について学びました。


■ 2018/11/22

ありがとうの日

今日は、日頃お世話になっているボランティアさんや地域の方々を招待し、感謝の気持ちを伝える「ありがとうの日のつどい」を行いました。

お客様に楽しんでいただくため、各クラスがステージ発表を行いました。


純・輝組は「わ~お!」を踊りました。
可愛らしいダンスに、皆さん癒されたようです。


心組は「さんぽ」を歌いました。
元気よく歌い、毎日の練習の成果を発揮することができました。




愛組は「ふしぎなポケット」を歌いました。
こんなポケットが欲しいなあと思いながら、元気に歌いました。




和組は「うたえバンバン」を歌いました。
"口を大きくあけて"元気よく歌いました。




道組は、豊年太鼓を披露しました。
数人ずつ同時に太鼓や竹を叩いたり、交代しながら入れ替わりに叩いたりと、かっこいい姿に拍手喝采でした。




続いて、感謝のしるしにみかんの箸置きをプレゼントしました。心のこもったプレゼント、ぜひお家で使っていただきたいですね。




最後に、お茶会を行いました。
道組さんが淹れたお茶を飲みながら、お客様同士で今日のステージ発表の感想などお話されていました。





これからも、いつでも保育園に遊びに来てくださいね。


子ども達は、今日の日のために、自由に絵やメッセージを描き、各家庭にプレゼントします。心のこもったプレゼントを渡し、日頃の感謝を伝えます。


今日開催した「ありがとうの日のつどい」で、日頃お世話になっている方々に感謝を伝えることができました。これからも、子ども達や保育園を温かく見守っていただきますよう、よろしくお願いします。

 

光明第五保育園

〒193-0933 東京都八王子市山田町1688-2

TEL.042-664-0854

社会福祉法人 理事長 足利正哲

Copyright ©2013 Koumyoudaigo Nursery School.All Rights Reserved.